サイト内検索
カスタム検索

ホーム > アメリカ生活情報編 >アメリカ生活~アメリカと日本のボタン電池の違い

アメリカ生活~アメリカと日本のボタン電池の違い

日本で暮らしていると、何処で何が、どういう商品名で売っているのかは一目瞭然ですよね。

しかしながら国が変わると、自分の買いたいものが何処の売り場で、どういう商品名で売られているのかが わからず、”買いたいものが買えない!!”ということが多々あります。

私が今までアメリカで生活をしていく中で、覚えてきたこと、物などをまとめてお伝えしていこうと思います。

アメリカでボタン電池を買いたい! どうやって探したらよい?

日本でもボタン電池を買い換えるのに苦労しますよね!種類や大きさが豊富で、目で見ただけでは判別がつきません。 アメリカでも同じように種類が豊富。日本で使っていたボタン電池が切れてしまって、アメリカでも手に入るかな!? と思われた方も多いのでは?大丈夫!手に入りますけれど、やはり探すのは大変!対応表を見た上でオンラインで同じ タイプのものを探すか、切れた電池を持ってお店に行くのがオススメです。

ボタン電池は英語でなんと言う?

ボタン電池は英語で Coin Battery (コインバッテリー) または Coin Cell (コインセル) と呼びます。

ボタン電池の種類

日本とアメリカのボタン電池の種類の対応を調べたい場合以下のサイトがとても役立ちますよ。

アメリカのボタン電池の有名ブランドは?

日本でも乾電池は安いものだと100円ショップなどでも買えてしまいますよね。アメリカでも電池はメーカーによって価格がさまざまですが、 やはり有名ブランドのものは液漏れが起こりにくかったり、長持ちしたりするようです。電池と同様に電球なども価格と品質が結びついているように感じます。

アメリカで電池や電球を買うときには有名ブランドのものがオススメです!

DURACELL (デュラセル)

ENERGIZER (エナジャイザー)

Sony (ソニー)

いろいろな電池を英語でなんと言う?

日本と同様にアメリカにもいろんな種類の電池が売っています。

充電式電池=Rechargeable Battery (リチャージエイブル バッテリー)

アルカリ乾電池=Alkaline Battery (アルカリ バッテリー)

アルカリ乾電池の種類、詳細は別記事にまとめました。

リチウム電池=Lithium Battery(リチウム バッテリー)

マンガン電池=Manganese Battery (マンガニーズ バッテリー)

ボタン電池=Coin Battery (コインバッテリー)

当サイト内の関連記事



© 2008-2014 ちいこママ All rights reserved.