サイト内検索
カスタム検索

ホーム > 決定編 >仮住まいを押さえる

仮住まいを押さえる

アメリカに引っ越し直後は住む所が無い!仮住まいを決めておこう!

当然ながら全く別の土地へ引っ越すわけですから
アメリカに着いた直後は住む所がありません。

すぐには住む場所が決まらないかもしれないので 2週間から1ヶ月位は滞在できる
長期滞在型の「仮住まい」を押さえておくと良いでしょう。

ちなみに、ハワイへの引越しは要注意です。

ハワイは年々住環境事情が悪化しているので、
なかなか住まいを決めるのが大変です。

そのような地区への引越しの場合は
もう少し長めに仮住まいを抑えておきましょう。

私たちはハワイへの引越しでは、
始めに仮住まいを抑えていた期間では次のアパートが決まらず
安くない仮住まいを点々とすることになってしまいました・・・

そんな無駄な費用を使うのはもったいないですよね。

アメリカ行きが決まり、日程にも目処が付いたら
最初の数週間滞在できるような仮住まいを押さえましょう。

短期滞在型の家具つきアパートや
キッチンなどが備わったタイプのホテルを押さえるととても便利です。

地域にも寄りますが、アメリカ本土の場合は
ホテルやアパートを (条件入力して) 探すオンラインサイトから
予約しておくとよいです。

私の "仮住まいを押さえる " 体験談

私達の場合は、駐在のときは仮住まいとして
家具つきのアパートやホテルを日本から探してオンラインで予約しました。

少し生活におちついたところで、
物件探しをし新しいアパート (家具なし) を契約し
そこで暮らしていました。

ハワイへ移住する際は
バケーションレンタルなどを扱う日本の業者さんをインターネットで探し
1ヶ月間キッチンつきのコンドミニアムを抑えました。

後日談ですが、ハワイの家探しはかなり難航し
結局1ヶ月で家が決まらず
ほかのバケーションレンタルの業者さんから
また1ヶ月コンドミニアムを借りました。

経験談として、ハワイへ移住される方は仮住まいは少し長めに抑えたほうがよいと思います。

カリフォルニアへの転職、引越の際は、1ヶ月間の予定で知り合いの方からアパートを借りました。

引越してすぐから家探しをはじめて、仮住まいには2週間住んだところで、家が決まり引越しました。

短期滞在ホテル、アパート検索サイト

Search Hotel Prices on Over 30 Sites at Once!

ホテルの検索サイトです。
情報量が90万件!結果もとても見やすく、値段やカスタマーレビュー、おすすめ (☆で評価) 、人気度で並び替えでき、情報が豊富で信頼できます。
たくさんの有名な検索サイトを総合して表示しているので、ホテル探しに最も最適なサイトです。

Rent.com logo #4

Rent.comは有名なイーベイのレント専門のサイトです。
全米各都市のレント情報が網羅されていてとても見やすく、便利です。
こちらから申し込むと安くなるようなキャンペーン(Move in Special)もよく行われているので要チェックです。
月単位 (Month to Month) で借りられる物件も多いので仮住まい探しにも役立つと思います。

日本語で家探しをしてくれるエージェントさん

愛、リビング☆デイジーエージェント

* 日本語サイト * * サウスカリフォルニア *
日本語で親切丁寧にサポートしていただけるお勧めのエージェントさんです。
実際、私もTorranceへ引越する際にお世話になりました。物件探しの手数料は家賃の半月分です。

UniLife

*日本語サイト* *サウスカリフォルニア*
留学生向けの家探しサイトです。物件検索のほか、家探しのコツや方法なども載っています。
公開されている物件数は少なめですが、留学先の大学名で検索し、その周辺の物件を検索することが出来てとても便利です。

LAAPART.COM

*日本語サイト* *サウスカリフォルニア*
写真入りでアパートが紹介されていて見やすいです。
物件探しなどの手数料が家賃の半月分。
オプションサービスとして引越にまつわる諸手続きを家賃一か月分でやってくれるそうです。

パーソン不動産

*日本語サイト* *サウスカリフォルニア*
サウスカリフォルニアに複数の店舗を構える日系の不動産エージェントです。
物件の検索他、カリフォルニアに生活の便利情報もリンクされています。

リダック不動産

*日本語サイト* *ニューヨーク、シカゴ、デトロイト、ロサンゼルス*
アメリカ国内の様々な地区に店舗があり、地域別の住宅情報を知ることができます。


© 2008-2017 ちいこママ All rights reserved.