サイト内検索
カスタム検索

ホーム > 子育て編 >アメリカで子育て~予防接種

アメリカで子育て~予防接種

アメリカで受けなくてはならない予防接種は、日本と比べてとても多いです。
そして、英語表記だと、日本語のどの予防接種を意味するかがわからずに困ること多いはず。
アメリカで受ける予防接種を日本語にして表にをまとめました。

アメリカでは、生まれたばかりの赤ちゃんから、検診のたびに複数本の予防接種を受けます。
(うちの子供は多いときには 5 本を一度に受けたことがありました。)

日本語でも普段耳にしない予防接種の種類。
それを英語で言われても、理解が難しくて当然ですよね。

しかし、注射の内容を理解しないまま、
子供がその注射を受けることには不安に思う方がほとんどではないでしょうか。

そんなときにこちらの表利用していただけたら幸いです。

アメリカの予防接種

英語 日本語
Heb B (Hepatitis B) B 型肝炎
Pneumococcal 肺炎球菌
DTaP (Diohtheria・Tetanus・Pertussis) ジフテリア・破傷風・百日ぜき
DT (Diohtheria・Tetanus) ジフテリア・破傷風
OPV (Oral Polio Vaccine) 経口ポリオワクチン
IPV (Inactivated polio vaccine) ポリオ予防注射
Hib 髄膜炎
Chickenpox 水疱瘡
Measles はしか
Rubella 風疹
Mumps おたふくかぜ
MMR (Measles・Mumps・Rubella) はしか・おたふくかぜ・風疹
MR (Mumps・Rubella) おたふくかぜ・風疹
Tetanus 破傷風
FLU (Influenza) インフルエンザ
T.B. Skin Test ツベルクリン反応

アメリカで病院へ掛かるための必読書

この 3 冊は私も持っていて、医療、病院用語の辞書代わりともなっていて、活用しています!


© 2008-2017 ちいこママ All rights reserved.