サイト内検索
カスタム検索

ホーム > 妊娠編 >私の " アメリカで妊娠 " 体験記

私の " アメリカで妊娠 " 体験記

我が家の子供達 (2003 年 10 月テキサス州ダラス生まれの長女と 2007 年 2 月カリフォルニア州ロサンゼルス生まれの長男) を妊娠した際のエピソードです。

長女の出産 ~ 日本で発覚 ~ テキサスで出産

初めての妊娠がわかったのは2003年2月初旬、神奈川県で暮らしているときでした。

海外出産をするなんて全く思わずに普通に日本の妊婦さんをしていました。

妊娠4ヶ月に入った頃に「もしかしたらアメリカに行くことになるかも!?」と主人から報告をうけ、
そこから海外出産についての情報をたくさん調べ、いろいろと買い揃えました。

数ヶ月の赴任ということだったので、日本で里帰り出産という選択もあったのでしょうが、
私としてはどうしても夫と妊娠生活、出産をともにしたくて、アメリカ行きを決意しました。

そして、アメリカにわたったのは妊娠7ヶ月後半。

日本で病院で英語の診断書とはり止めを処方してもらい、何もわからないままアメリカはテキサスへ行きました。

テキサスに到着してからは、
自分はどこに行けばよいのか、
何をすればよいのかもわからずに、
ただ病院らしい建物の周りを車で走ったりしました。

しかし、それ以上の行動はできず2日ほど経過。。
どうにかして情報を知りたい。。
と思い、テキサスで生活されている方のホームページを見つけて、

" 妊婦です。なにもわからないままテキサスに来ました。
病院やお医者さんの情報を知っている方は教えてください。 "

こんな感じで生まれて初めて掲示板に書き込みをしたのでした。

書き込みをした次の日、
うれしいことに私の書き込みを読んだ二人の方から産婦人科医を紹介していただくことができ、
無事に病院で診察を受けることが出来ました。

その後は、無事に産婦人科医に受け入れてもらえて、
順調に出産まで不安なく過ごすことが出来ました。

長男の出産 ~ ハワイで発覚 ~ ロサンゼルスで出産

2度目の妊娠がわかったときは2005年の春で、ハワイで暮らしているときでした。

また2度目ということ、すでにアメリカ (ハワイ) で暮らしていることもあり、穏やかな気持ちで日々過ごすことが出来ていました。

また、カバー率の高い保険にも入っていたので、全てが安心!と思っていました。

しかし、状況は一変、
夫の転職が急に決まり、
決まってから 2 週間でハワイからカリフォルニアに引越しをすることになったです。

奇しくも、そのとき妊娠7ヶ月後半。。

一人目を妊娠して、日本からテキサスに引越しをしたときと同じ時期でした。

なんとか引越しを済ませ、病院を探そうとしていて問題がいろいろとでてきました。

ハワイで掛かっていた系列の病院で保険を継続しようとしても、
システムが違っていままでの情報を一致できないとかで、
病院かかることができなかったのです。

また転職したことで、
新しい会社の保険適用の時期まで Wating 期間が2ヶ月あったのでした。

結局、私達は保険の継続をあきらめ、
何事もないことを祈り、
なんと妊娠後期の2ヶ月を保険なしで過ごしました。

しかしながら、ハワイで受けた最後の検診で、
赤ちゃんのサイズが小さいことを指摘され、
新しい土地に着いたらすぐに病院へ掛かったほうがよいといわれていたので、
結局2ヶ月間は全て自費で検診料や検査費用を支払いました。。
(かなり高額で、血液検査だけで500ドル以上取られたこともありました。)

そんなこんなで、なんとか無事に保険適用までの2ヶ月を過ごし、
その後は出産まで何事もなく順調に過ごすことが出来ました。


© 2008-2017 ちいこママ All rights reserved.