サイト内検索
カスタム検索

ホーム > 妊娠編 >アメリカで赤ちゃんが生まれるまでにやるべきこと

アメリカで赤ちゃんが生まれるまでにやるべきこと

出産施設の予約と小児科医 (Pediatrician)を決めること、そして名前を決定しておくことが最重要項目です!

どうやって出産施設の予約をするの?

出産施設は妊娠中期頃までに自分のドクターの提携する出産施設のある病院に行き、予約 (レジストレーション) をします。

その病院によって手続きも様々ですが、簡単なペーパーワーク
(緊急連絡先や産婦人科医、小児科医、出産予定日、帝王切開の予定があるかないかなどです)
を済まして終了です。

ほとんどの病院でホスピタルツアーが行われており、
そちらに参加して病院の設備や雰囲気を知ることができます。

どうやって小児科医を決めるの?

出産前 (妊娠中) に自分の希望する小児科医の
カウンセリングの予約 (アポイントメント) を取って簡単な面談を行います。

受け入れが許可されたら、誕生した際に病院から小児科医に連絡が行き、
生まれたときから自分の子供の小児科医が全ての Check を行います。

小児科医選びに関しては周りの口コミや Rating サイトなどから選ぶことがおすすめです。

名前はどうする?

アメリカで出産の場合、産後すぐに病院内で書類を記入するのですが、
その際に赤ちゃんの名前が必要です。

(赤ちゃんのSSNの申請なども病院で書類を記入し提出します)
必ず事前に名前は決めておきましょう。

私の "アメリカで赤ちゃんが生まれるまでにやるべきこと " 体験談

出産施設の予約は妊娠中期頃までに済ませておくのが一般的とされていますが、
私は長女を妊娠、出産時 (2003年、テキサス州) 、
出産施設を予約することを知らずに妊娠後期となってしまい、

友達に「急いだほうがいいよ!受け入れてもらえない場合もあるから」

と聞き、あわててその日の夜に病院へ行き、レジストレーションをしました。

そして長男を妊娠、出産時 (2007年カリフォルニア州) は、
ハワイから転職、引越をしてきたのが妊娠7ヶ月後半であり、
かつ保険が切り替えのため2ヶ月間無い状態。

自分の産婦人科医に相談したところ、
保険のカードが届いてからでも大丈夫ということだったので、
保険のカードが届いてすぐに (生まれる一ヶ月前でした!) レジストレーションをしにいきました。

小児科選びは長女の際 (テキサス州) は評判のよいアメリカ人医師を
会社の同僚に紹介してもらい、そちらへ予約を取って面談を行いました。

長男の際 (カリフォルニア州) は掛かりたいと思っている小児科医へ電話をして

「カウンセリングのアポイントメント」を取りたいというと、

「カウンセリングの必要なありませんよ。入院時にドクターの名前を言ってください」

といわれたので、カウンセリングは行わずに簡単に受け入れてもらえました。

名づけについては、我が家の子供達は
ファーストネームがアメリカ名、
ミドルネームを日本名にしています。

アメリカ名を決めるときに気をつけたことは
”発音しやすい音であること”
”みんなが知っているような有名でよい (意味を持つ) 名前であること”
です。

SSN のサイトにアメリカ州別の赤ちゃんの名前ランキングが載っていてとても参考になりました。

地域によってランキングも様々でとても興味深く見ることが出来ます。

" アメリカで赤ちゃんが生まれるまでにやるべきこと " に関するお役立ち情報

アメリカで赤ちゃんをうむとき
こちらの本には出産施設の予約 (Advanced Registration)のペーパーワークの内容が細かく書かれていて (英語、日本語併記で) とても役立ちました。またホスピタルツアーでのチェックリストも付いています。

Popular Baby Names(Social Security Administration)
こちらのサイトでは年度別、州別に人気のある (あった) 名前を見ることが出来ます。また自分で名前を入力して、その名前がどの州で人気があるのか、どのくらいの人が自分の子供につけたのかなどを知ることが出来便利です。


© 2008-2017 ちいこママ All rights reserved.