サイト内検索
カスタム検索

ホーム > スタート編 >アメリカで銀行口座を開設する

アメリカで銀行口座を開設する

アメリカでは Personal Check (個人用の小切手) が絶対に必要です。そのためチェッキングアカウントを開設し、Personal CheckDebit Cardを発行してもらいましょう

アメリカの銀行口座には
チェッキングアカウント (当座預金) と
セービングアカウント (普通預金) があり、
口座を開設するさいにはどちらにするか、聞かれます。

アメリカで日常生活をする上で、必ず必要となってくるのが
Personal Check (個人用の小切手) で、
公共料金の支払い、家賃、携帯、その他いろいろな支払いの場面で使います。

チェッキングアカウントを開くと、
Debit Card も作ることが出来、
こちらは見た目はクレジットカードと同じで、キャッシュカードとして ATM でお金を下ろすほかに、 VISA や MASTER などもつけることが出来、買い物の支払いにも使うことが出来ます。

クレジットカードとの違いは、
あくまでもチェッキングアカウントの残高から直接引き出して使うので、残高がないと使えないことです。

ワンポイントアドバイス

銀行選びは日常生活の行動範囲内にある銀行が便利です。

Depodit (入金) Withdraw (引き出し) や両替などでたびたび銀行に行くことがあるので、
近くに複数店舗あると安心、便利ですね。

また大手の銀行でしたら、ショッピングモールなどにも ATM が設置されているので便利です。

私の現在住んでいるところ(カリフォルニア) では日本の銀行と提携している銀行 (ユニオンバンクオブカリフォルニア) もあり、
日本語で対応してくれたりもします。

依然住んでいたハワイでも日本語で対応してくれる銀行が複数ありました。

" アメリカで銀行口座を開設する "為に役立つ書籍

↑こちら本↑では銀行口座の開く際の英会話がたくさん載っていてかつCDで聞くことが出来ます!
また口座に関する説明や、 Parsonal Check の書き方も絵で説明されていてかなり役立ちます。

必見!日本の銀行の国際サービス

三菱東京UFJ銀行海外口座ご紹介サービス (ユニオンバンクオブカリフォルニア)


© 2008-2017 ちいこママ All rights reserved.