サイト内検索
カスタム検索

ホーム > スタート編 >アメリカで住まいを探す

アメリカで住まいを探す

自分で探すのが一番経済的!ただ治安情報などもしらべて、安全に暮らせる住まいを探しましょう。

住まいを探すには、地域によって少し異なるかもしれませんが、
一般的にインターネットのサイトや掲示板、新聞、エージャントにお願いするのが一般的だとおもいます。

また、直接アパートを尋ねてあいている部屋があるかを聞いて歩くことも有効的。

サイトや広告に出ていなくても、直接行くことでいろんな情報を入手できますので。

補足情報として、アパート決定の際に支払う Deposit をマネーオーダー Casher's Check でしか受け取らないというところも多いです。
(特にカリフォルニア)

マネーオーダーは郵便局またはセブンイレブンで、Casher's Checkは銀行で発行してもらえます。

私の " アメリカで住まいを探す " 体験談

テキサスでの家探し ( 2003 年~ 2004 年)

興味があるアパートを見つけたら、直接アパートの Leasing Office に行き、
現在空いている部屋を見せてもらい、すぐに契約できました。

テキサスは Leasing Office が付いているアパートが多く、
空きもあり、家探しはしやすかったです。

また物価も安く、広くて新しい物件を他の地区 (私が実際住んだことのあるハワイやカリフォルニア) では考えられないような金額 (安い!) で借りることできました。

ハワイでの家探し ( 2006 年)

家探しはかなり難航しました。

ホノルルアドバタイザーの日曜版 (ウェブサイトでも見れます) 、
日系のフリーペーパー、エージェントに空き物件がないのかを問い合わせる、
などいろいろしましたが、なかなか希望のマッチする物件に出会うことが出来ず、
ハワイに渡って当初 2 週間の予定だった仮住まいを2ヶ月に延長しました。

結局、エージェントを通して借りることができ、ホッとしました。

そのとき利用したエージェントは Hawaiian Joy です。

ハワイが他のアメリカの地区と違うなぁと思ったのは、
それぞれの物件や部屋を個人が所有しているものがほとんどで、
アパートやコンドミニアムに Leasing Office があったり、
直接アパートやコンドミニアムに行き、管理人さんに話を聞いたり、
部屋を見せてもらいたい思ってもできないと思っていたほうがよいという点です。

なので、部屋探しの手段としてはメディア情報から個人とコンタクトをとり部屋を借りるか、
エージェントを通して個人から借りるかのどちらかになります。

私達は、エージェントが管理してくれていたほうが、何かあったときに言いやすいし、気楽であると思って、エージェントを通しました。

物件紹介の手数料などは発生しなかったと思います。

サウスカリフォルニアでの家探し

治安の良し悪しや学区の情報など、引越をする際によくわからないこともあり、
日系のエージェントさんにお願いしました。

物件を紹介してもらうためにも手数料が発生し、
もしいい物件に出会うことが出来ずに契約にいたらなかった場合も数百ドルの手数料は戻ってこないところがほとんどです。

もしある程度、地域の情報を知っていて、英語も問題ないのであれば、
自分で Website で家探しをして、直接交渉、契約をするとかなり節約になります!

私が " アメリカで住まいを探す " のに利用し、役立ったサイト

Westside Rentals

*英語サイト* *サウスカリフォルニア地区*
サウスカリフォルニアで最も有名で活用されているサイトです。
(私が以前エージェントの方に家探しをした際も、エージェントの方がこのサイトを利用してました。)
英語に不安を感じない方はこちらで探すのが断然お得です!
(エージェントを通すと家賃の半月~一か月分を手数料として取られますので。)
無料である程度検索できますが、
詳しく検索したい場合は2ヶ月60ドルを支払うことで、より詳しく細かく検索できてとても便利です!

craigslist

*英語サイト* *全米*
こちらは全米でとても活用されている掲示板サイトです。
英語サイトですが、アパートの情報、ルームメイト募集などを含め様々な情報が盛りだくさんです。
毎日チェックするといい物件にめぐり合える確立高いです!
アメリカ人ならみんなが知っている!そんな有名掲示板サイトです。

Rent.com logo #4

*英語サイト* *全米*
Rent.comは有名なイーベイのレント専門のサイトです。全米各都市のレント情報が網羅されていてとても見やすく、便利です。こちらから申し込むと安くなるようなキャンペーンもよく行われているので要チェックです。

愛、リビング☆デイジーエージェント

*日本語サイト* *サウスカリフォルニア
日本語で親切丁寧にサポートしていただけるお勧めのエージェントさんです。
実際、私もTorranceへ引越する際にお世話になりました。物件探しの手数料は家賃の半月分です。

UniLife

*日本語サイト* *サウスカリフォルニア*
留学生向けの家探しサイトです。物件検索のほか、家探しのコツや方法なども載っています。 公開されている物件数は少なめですが、留学先の大学名で検索し、その周辺の物件を検索することが出来てとても便利です。

LAAPART.COM

*日本語サイト* *サウスカリフォルニア*
写真入りでアパートが紹介されていて見やすいです。物件探しなどの手数料が家賃の半月分。 オプションサービスとして引越にまつわる諸手続きを家賃一か月分でやってくれるそうです。

パーソン不動産

*日本語サイト* *サウスカリフォルニア*
サウスカリフォルニアに複数の店舗を構える日系の不動産エージェントです。 物件の検索他、カリフォルニアに生活の便利情報もリンクされています。

リダック不動産

*日本語サイト* *ニューヨーク、シカゴ、デトロイト、ロサンゼルス*
アメリカ国内の様々な地区に店舗があり、地域別の住宅情報を知ることができます。


© 2008-2017 ちいこママ All rights reserved.