サイト内検索
カスタム検索

ホーム > 子育て編 >アメリカの St. Patrick's Day

アメリカの St. Patrick's Day

St. Patrick's Day (セントパトリックスデー) とは?

アイルランドのお祭りです。

アイルランドにキリスト教を伝えた St. Patrick (聖パトリック)の命日。

緑色の洋服やアイルランドのシンボルであるのシャムロック (三つ葉のクローバー) を身につけてパレードをしたり、 パーティーをしたり、セントパトリックスデーのシンボルとなっている Leprechaun (レプリカン、妖精) を捕まえるために罠を仕掛けたりして、St. Patricksへの尊敬を表しながら楽しみます。

アメリカの学校での St. Patrick's Day (セントパトリックスデー)

学校でも当然のように、子供たちが緑色の洋服を着たり、緑色のものを身につけて登校します。

娘の学校では、面白い帽子をかぶり (Leprechaun がかぶっている帽子) 歌を歌ったり、ダンスをしたりして楽しむようです。

また、娘の通っている Kindergarten (キンダーガーテン) では、Homework (宿題) に Leprechaun Trap (妖精を捕まえるための罠 ) を作り、 その罠を使ってどのように Leprechaun (妖精)を捕まえるかを文章にし、発表します。

娘と私で作った Leprechaun Trap (レプリカントラップ) とその説明はこちらです。

Leprechaun の大好きな緑色、クローバー、金貨、虹 (Leprechaun は虹の下に金貨をポットに入れて隠していると言われています。) で誘き寄せて、落とし穴に落とすという仕掛けにしました。

Leprechaun (レプリカン) って?

Leprechaun は、St. Patrick's Day の象徴であり、アイルランドのおじさんの妖精です。

彼は虹のしたに、ポットに入った金貨をたくさん隠しているそうです。

小さくてとても動きが早く、なかなか捕まえたり、見つけたりすることが出来ません。

彼を捕まえると、金貨のありかをたくさんしっているので、捕まえた人に幸せが訪れると言われています。

St. Patrick's Day (セントパトリックスデー) に関する絵本

St. Patrick's Day (セントパトリックスデー) や Leprechaun (レプリカン) になじみの無い日本人にとって (最近では日本でもパレードが行われていたりもするのですね) St.Patrick's Dayはどんな日か、何をして過ごすのか、この日に何をすると幸せが訪れるか、などを知るのに、子供向けの絵本がお勧めです。

挿絵いっぱいで、簡単な英語で書かれているので、とってもわかりやすいですよ。

以下に紹介する絵本は 4 - 8 歳向けで人気のある絵本トップ 5 です。

とってもかわいい St. Patrick's Day の関連商品

普段はお目にかかれない、期間限定のかわいい St. Patrick's Day にちなんだ緑色のグッズたち☆

St. Patrick's Dayのお菓子作りグッズ

皆様もアイデアいっぱい♪楽しい St. Patrick's Day をお過ごしくださいね。

当サイト内の関連記事



© 2008-2014 ちいこママ All rights reserved.