サイト内検索
カスタム検索

ホーム > アメリカ生活情報編 >アメリカでお料理~アメリカの乳製品の分類(牛乳、低脂肪乳、無脂肪乳、コーヒーミルク、生クリームなど)

アメリカでお料理~アメリカの乳製品の分類(牛乳、低脂肪乳、無脂肪乳、コーヒーミルク、生クリームなど)

日本で暮らしていると、何処で何が、どういう商品名で売っているのかは一目瞭然ですよね。

しかしながら国が変わると、自分の買いたいものが何処の売り場で、どういう商品名で売られているのかが わからず、”買いたいものが買えない!!”ということが多々あります。

私が今までアメリカで生活をしていく中で、覚えてきたこと、物などをまとめてお伝えしていこうと思います。

アメリカで牛乳、低脂肪乳、無脂肪乳、コーヒーミルク、生クリームはそれぞれ何と言う??

アメリカのスーパーで牛乳売り場に行くと、大きなガロンの入れ物にたっぷりと入ったミルクがたくさん売られています。 よく見るといろいろな分類が。。さて一般的な牛乳や低脂肪乳などはどんな名前で売られているのでしょうか?

牛乳は "WHOLE MILK (ホールミルク)"

日本でいうところの"牛乳"はアメリカでは"Whole Milk (ホールミルク) "です。脂肪分は 3.5% ~ 4.0% で、ビタミンDも配合されているものが多く Vitamin D Milk (ビタミンDミルク) という名前で売られていることも多いです。

低脂肪乳 (脂肪分 2%)はReduced Fat Milk (レデュースド ファット ミルク)

乳脂肪分を 2% 抑えた低脂肪乳です。味や風味は Whole Milk (ホールミルク) とほとんど変わらず、脂肪分を減らすことで失われる 栄養素 (ビタミン A やビタミン D ) も補充されているので安心です。

低脂肪乳 (脂肪分 1%) は Lowfat Milk (ローファット ミルク)

乳脂肪分を 2% 抑えた低脂肪乳です。味や風味は Whole Milk (ホールミルク) と比べると多少さっぱり薄い感じがするものもありますが、 脂肪分を減らすことで失われる栄養素 (ビタミン A やビタミン D ) はしっかり補充されています。

無脂肪乳 (脂肪分 0%) は Nonfat Milk (ノンファット ミルク) もしくは Skim Milk (スキムミルク)

牛乳から乳脂肪分を排除した無脂肪乳 (脱脂乳) です。粉状のものは日本では脱脂粉乳とも呼ばれていますが、英語では Dry Milk (ドライミルク)や Powdered Milk (パウダードミルク) とも呼ばれています。

コーヒーミルクは Half and Half (ハーフ アンド ハーフ)

Half and Half (ハーフアンドハーフ) は 牛乳と生クリームが半量づつ配合されたコーヒー用のミルクです。 脂肪分は10%~18%で、Coffee Cream (コーヒークリーム)とも呼ばれています。日本のコーヒーミルクと比べるとさっぱりしています。

生クリームは Heavy Cream (ヘビークリーム) もしくは Whipping Cream (ホイッピングクリーム)

生クリームは乳脂肪分によって 2 種類に分けられて販売されています。乳脂肪分が 30% ~ 36% のものはLight Whipping Cream (ライトホイッピングクリーム) で、脂肪分が 36% 以上含むものは Heavy Cream (ヘビークリーム) と分類されています。

コンデンスミルク (加糖練乳) は Condensed Milk (コンデンスドミルク)

カキ氷やいちごに甘い練乳をたっぷりかけて食べるとおいしいですよね。日本では缶のほかにチューブタイプもありますが、 アメリカでは缶しか見かけたことがありません。無糖練乳とパッケージが良く似ているので、購入の際にはお間違えのなさらないないようしてくださいね。 (私は何度か間違えて購入しています。。苦笑)

エバミルク(無糖練乳) はEvaporated Milk (エバポレイテッド ミルク)

お料理などに使われる甘くない練乳です。Condensed Milk (コンデンスドミルク) よりも安価で種類も豊富です。

アメリカでお料理 ~ 食材に関する情報リンク


© 2008-2017 ちいこママ All rights reserved.