サイト内検索
カスタム検索

ホーム > 子育て編 >アメリカの薬 (赤ちゃん用の熱さまし)

アメリカの薬 (赤ちゃん用の熱さまし)

日本に住んでいると、日本の薬局でどんなときに、どのような薬を買えばよいかがわかりますが、 アメリカで、どんなときにどんな薬を買えばよいのか、というのがなかなか難しいです。

こちらでは、私が今までアメリカ人の小児科医に教えてもらった、子育てをする上で知っていたら役に立つ アメリカのお薬の情報をお伝えしていきます。

赤ちゃんの為の熱さましは
" Tylenol Infant Drops (タイレノール インファント ドロップ) "

Acetaminophen (アセトアミノフェン) が配合された Infant (赤ちゃん)用 ( 0 歳~ 3 歳) の熱さましです。

風邪や FLU (流行かぜ) の発熱、予防接種後の発熱、頭痛、歯痛、のどの痛み、などに効果があります。

取扱説明書には2歳以下の子供は医師の指示にしたがって書いてありますが、赤ちゃんの体重によって使用量が決定されることがほとんどです。

参考までに、我が家の子供たちの小児科医が教えてくれた容量を記載しておきます。

Tylenol Infant Drops 使用の目安
Weight (体重) Age (年齢) 用量 (専用スポイト)
6 - 11 lb. (2.72 kg - 4.99 kg) 0 - 3 mos. 1/2 (0.4 ml)
12 - 17 lb. (5.44 kg -7.71 kg) 4 - 11 mos. 1 (0.8 ml)
18 - 23 lb. (8.16 kg- 10.43 kg) 12 - 24 mos. 1 + 1/2 (1.2 ml)
24 - 35 lb. (10.89kg - 15.88 kg) 2 - 3 years 2 (1.6 ml)

注意事項

  • 服用は 4 時間空けて一日 5 回まで。
  • Aspirin (アスピリン) にアレルギーのある人にも使用できます。
  • Chicken Pox (水疱瘡)や Flu (インフルエンザ) の人にも使用できます。

Acetaminophen (アセトアミノフェン) とは?

化合物アセトアミノフェン (別名パラセタモール) は、解熱鎮痛薬の一つである。 軽い発熱や、寒け、頭痛などの症状を抑える解熱剤、鎮痛剤として用いられる薬物の主要な成分の一つとなっている。 一般に解熱剤は禁忌とされるインフルエンザの際にも解熱剤としてしばしば用いられるなど標準的な服用法では非常に安全な薬物であるが、 その広い薬効のため、服用量が過剰となる事が少なくない。

なお、Acetaminophen (アセトアミノフェン) は Aspirin (アスピリン) や Ibuprofen (イブプロフェン) などの 非ステロイド性抗炎症薬 (NSAID) と異なり、抗炎症作用を持っていない。 また、正常な服用量では、アセトアミノフェンは非ステロイド性抗炎症薬と異なり、 胃を刺激せず、血液凝固、腎臓あるいは胎児の動脈硬化などの影響がない。 (Wikipediaより引用)

" Tylenol Infant Drops (タイレノール インファント ドロップ) "

グレープ、チェリー、無着色のチェリーの 3 種類のフレーバーで販売されています。

着色料が気になる方は無着色のチェリーフレーバーがお勧め! ただ、我が家の子供はチェリーの味よりグレープフレーバーの方が好みのようです。

着色料なしのチェリーフレーバーの Tylenol Infant Drops

グレープフレーバーの Tylenol Infant Drops

チェリーフレーバーの Tylenol Infant Drops

↑上記の画像リンク↑をクリックでアメリカのアマゾン (Amazon.com)につながり、簡単に購入可能です。

当サイト内の関連リンク


© 2008-2017 ちいこママ All rights reserved.