サイト内検索
カスタム検索

ホーム > アメリカ生活情報編 > アメリカでは先生にもクリスマスプレゼント

アメリカでは先生にもクリスマスプレゼント

アメリカではお世話になった学校の先生方にクリスマスプレゼントを贈ります。

日本では考えられないアメリカの習慣の一つに、
学校の先生など、お世話になった人にクリスマスギフトを贈るというのがあります。
しかも、ギフトカードを贈るのが喜ばれるそうです。

学校の最終日に、ギフトにクリスマスカード (子供の写真を入れる方多いです) を添えてプレゼントすると喜ばれます。

学校でお世話になった方へのクリスマスギフトの相場は?

担任の先生、特に親しくしている学校関係者の方へ。

20 ドル~ 25 ドルくらいの商品やギフトカードを贈るのが相場となっているようです
商品を贈るのもよいですが、人気のお店やスーパーなどの使い勝手のよいギフトカードが最も喜ばれるとか。
ギフトに子供がメッセージを書いたクリスマスカードと子供の写真を添えると完璧です。

少しお世話になった方への感謝の気持ちとして渡す場合。

お世話になったと思う学校関係者の方には、感謝の気持ちとして 5 ドルくらいの商品、もしくはギフトカードを贈るのが相場です。
たとえば、自分の子供と親しいほかのクラスの先生や学校の関係者の方、スクールバスの運転手さん、
プリスクールであれば園長先生などにもあげたりするようです。

クラスメートへのプレゼント

クラスメートにはグッディーバッグに文房具やお菓子などを詰めたり、
本をラッピングして全員にプレゼントする人が多いようです。
相場は一人当たり 1 ~ 3 ドル位だと思います。

アメリカ人に喜ばれるクリスマスプレゼント

ギフトカード

有名、人気店の商品詰め合わせ



私の " アメリカでは先生にもクリスマスプレゼント " 体験談

娘がキンダーに入学して、初めてのクリスマスを迎えますが、
周りのお友達から情報を収集し担任の先生にはStarbucks のギフトカード もしくはTargetのギフトカードを送ることにしています。

追加情報 - アメリカの中学校(Middle School)の先生へのギフト

アメリカの中学校は日本の大学のような授業のスタイルなので、それぞれの生徒が自分の時間割どおりに教室を移動して授業を受けます。

毎日 6 時間目まであり、授業を受け持つ先生も 6 人なります。

人それぞれとは思いますが、私はそれぞれの先生に $10 のスタバのギフトカード、担任の先生には $20 のギフトカードを渡しています。

-December2015 updated!

アメリカのクリスマス情報~当サイト内の関連リンク

アメリカの学校生活~当サイト内の関連リンク



© 2008-2014 ちいこママ All rights reserved.